ASMR(音フェチ)動画を見ながら夜眠りにつくこと

私は昔から、友達とぐだぐだ話している時に友達が机をトントンしたり、ノートに意味のない文字を書いたりしているのをぼーっと見ていることが好きでした。

友達にそれを話しても理解してもらえなくて、一体この感覚は何なんだろう、誰か延々とぐだぐだ話をしながら手元で何かをいじってくれる人いないかな、とずっと思っていました。

そして最近、やっと出会えたのがASMR(音フェチ)動画でした。

ASMR動画では、耳に心地良い音、耳がぞわぞわっとする音などを投稿者さんが延々と出し続けてくれます。

1時間以上の動画もたくさんあり、ひたすらそういった音を聞いていたいという人にはこれ以上ないほどありがたいものです。

YouTubeで「ASMR」と検索すると様々な国の方の動画が出てくるのですが、私が最近特にはまっているのが韓国の方の動画で、韓国語の響きがとても自分の耳には心地良いらしく、しかも言ってる内容が全然わからないので、難しい授業を聞いていると眠くなってしまうのと同じ効果も働いているのか、動画を見始めると10分ほどで寝てしまいます。なので、眠れない方にもおすすめです。

もっといろんなASMR動画を見たいので、これからもっとメジャーな趣味になってくれたらいいな、と思っています。

もっとすっきり生酵素 格安

素朴なパンを味わるために購入したものとは?

最近我が家でも自宅でパンを作るためにホームベーカリーを購入しました。

ホームベーカリーはかなり普及した電化製品のようで、多くの家庭では活用されているもののようです。私の知り合いでも、ホームベーカリーを使ってパンを手作りしている家庭も何軒か知っています。

私の子供の頃は家で手作りのパンを食べたいと思ったのならば、小麦粉を自分でこねてそれを発酵させてからオーブンで焼くという作業をしなければ家庭ではパンを食べることはできませんでした。

しかし、ホームベーカリーを使えば、粉類はふるいにかけてから決められた分量の材料をホームベーカリーに入れてスイッチを押すだけでパンが完成するのです。

ただし、ホームベーカリーでそのままできるパンは食パンだけなので、その他のバターロール等を作りたい時はホームベーカリーでは材料をこねてパンを一時発酵までさせるまでしかやってくれません。

その後は、パンを自分で形成し二次発酵をしてオーブンで焼くという作業は別にやります。

私の家では、食パンではなく丸いパンを食べたいと子供たちからのリクエストがあったのでホームベーカリーとオーブンを使ってパンを作っています。家で作るパンは売られているパンに比べると少し素朴な味のするパンですが美味しいです。

アジカ石鹸 アマゾン

私の趣味はネットショッピング。店舗に行く以上の利便性があります。

私の趣味はネットショッピングです。

1人での外出は優柔不断の私には天敵なのです。

お店に入って気に入った商品を見つけても、自分に似合うかどうか、判断してくれる人が居ないと私は商品を購入することが出来ないのです。

第一1人で買い物に行こうとすら、考えない私には携帯一つで、いつでも好きな時に好きなお店に行けるネットショッピングはとても魅力的な物です。

最近は他の購入者のレビューなどもあり、購入前にその商品の良さや悪さなどもわかり、いつものサイズだからと試着しないで購入した商品、家に帰って着てみたら小さくて着れない、そしてまたお店へ出向いて交換作業なんて、面倒くさい作業はこのレビューで一掃されるのです。

また、購入を相談したい場合はわざわざ、一緒にお店まで付いて来てもらわなくても携帯片手に「これ、似合うと思う?」と聞けばいいのですから、とても楽です。

また、すぐに買わなくても数日間悩んでからの購入だって、出来るのです。

お店に行って勢いで買ってしまった服は家のタンスの中で何枚眠っていることか…。

ネットショッピングはお気に入りや、カートに入れておいて、数日間本当に欲しい物なのか、似ている服を持ってはいないか、などゆっくり吟味できるので良いことだらけです。

これからも、私はネットショッピングと言う趣味を辞めることはないでしょう。

薬用柿渋石鹸 マックス ドラッグストア

市営プールでのんびり泳いで、いいことづくめ!

私は最近水泳にハマっています。

私の場合、意識の高い同年代の人たちがトレーニングしているところにいると気圧されてしまうタイプなので、ジムではなく市営プールでのんびり泳いでいます。

市営プールなんておばあちゃんみたい…と思われがちですが、実際のところ、会員制のジムに比べると破格的に安いですし、元を取らなきゃという強迫観念に急かされることもないので、のんびりマイペースに楽しめるのが魅力です。人も少ないので、気疲れしないのも良いところですね。

ただ、もともと泳ぐのが得意だったかというと全くそうではなく、まあまあ人並みには泳げる程度でした。なので、始めた当初は合計100メートルも泳げず、おばあちゃんたちと並んで水中ウォーキングをするばかりでした(笑)

が、通い続けて少しずつ泳ぐ距離を伸ばしていったところ、なんと今では、1キロ近く泳げるようになりました!

水の中では体も軽いのでランニングほど運動への抵抗感がないことや、黙々と自分の泳ぎに向き合って集中するのでストレス解消にもなること、全身運動なのでバランスよくシェイプアップできることなどが、継続の秘訣だったと思っています。

今でも、毎回泳いだ距離を記録して、通算で「津軽海峡横断コース」のどこまで泳いだかが分かるアプリも活用したり、楽しみながら着々と距離を伸ばしています。

ジェリータ 楽天