お年寄りのエクササイズ

「健やかで長く生きることを願うならバランスのとれた健康的な身体づくりが必要不可欠」と全員が口にする。けれども、本当に「バランスのとれた体力作り」というのはどれくらいのことを意味するのか。知識がないそのままにあまり考えずに身体を動かし続けてみたところ、反って身体を傷つけてはいないでしょうか。  実際の所お年寄りのエクササイズにおいては、何種類もの危険性が影を潛めている。マラソン、サイクリング、スイミングとか、身近にあるエクササイズですが場合によっては負傷や病気に行きつく行為可能性が紛れ込んでいる。これは、今年度7月、道楽のサイクリングしている最中横転して頸髄損傷の重傷を負った谷垣禎一・前自民党幹事長(71)がいまだに入院中な案件にも姿を現している。  それはそれでなにかしらの健康体作りをしようかなというお年寄り層が次から次へと出てくるというのはどういうわけか。この一番大きい原因は、たくさんのスポーツ実行者達が話すみたいに、「スポーツ行っていけば元気になる」というような“固定観念”があるのからかも知れません。  けれども、「スポーツで健康を取り戻す」と称して活用するデータベースには、詭弁が見て取れる。例えば厚労省所管の法人である全国健康保険協会(協会けんぽ)は、厚労省があげる健康的指標として「1日平均60分のスポーツ(65歳以上は40分)」を促進しているが、この続きとしてはこんな風にあります。 〈月曜日~金曜日に忙しいという人は、1週間に1回フィットネスクラブに訪問して1時間身体を動かしたり、1時間テニスを行なうとか、「高いの激しさのアクションをいっぺんに合わせて60分」といったやり方も存在します〉  こちらとしては、有識者たちも呆れた様子だ。 「日常的に60分のスポーツと、1週間に1時間のキツイアクションを関わりのあるセッティングするのは、いくら何でもかんでも限界がある」 「シンプル計算でスポーツ時間が7倍も違う上に、既存のエクササイズと強めの強さのスポーツは、目当てが異なるはずです。“スポーツなら何でもいい”という誤った認識がもたらされるもとで、効き目のある健康体作りを導く地位の人間に無礼です」 まさしく健康的な身体づくりをことなどする振舞いと言えるが、要因として「エクササイズ人気はカネになる」といった雰囲気が漂っているというのも見逃せない。著名スポーツメーカー営業は心の声をカミングアウトする。 「年配者層は時間にも貯金もあって、自分だけ物を取り揃えたいとか、若い子と肩を並べたいといった虚勢もある。そこのところに“スポーツも行わねば”といった強迫観念が加わることから優秀商売相手だったりします。  ゴルフ道具や自転車といった高価販売商品より散歩シューズに関わることまで、“お年寄りも使い勝手が良い”といったアナウンスはインパクトが相当あって、その上世間一般対してアイテムより高額な販売価格基準でも販売数が良い」

高額商品よりも水素はいかがですか?>>>