妊活にオススメなルイボスティーについて

妊活中は、カフェインは控えましょうと言われますよね。それは、カフェインには体を冷やす成分が入っていて、冷えは妊活の大敵だからです。子宮の機能が悪くなり、排卵しにくくなってしまうこともあります。また、摂取したカルシウムや鉄を尿と一緒に排出してしまいます。妊活・妊娠中の方でなくも、貧血気味の方や、生理のある女性はみんなカフェインの摂りすぎは注意しましょう。

では、カフェインの入っていない飲み物には何があるでしょう?おすすめなのは、ルイボスティーです。ルイボスティーとは、世界中で南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈地域のみでしか栽培できない、植物であるルイボスから作られたお茶です。南アフリカ共和国では、「奇跡のお茶」として親しまれてきました。

ルイボスティーは、亜鉛、カリウム、マンガン、フラボノイドなど、たくさんのミネラルを含んでいます。また、還元作用という活性酸素を除去する効果があります。活性酸素とは、体内で増えると老化を引き起こす物質です。活性酸素が増えると、生殖器や卵子が老化してしまいますが、ルイボスティーの効果で活性酸素を除去し、老化を防いでくれます。体を冷やすカフェインも入っていないので、温活、妊娠しやすい体作りにぴったりです。

ルイボスティーは赤い色をしていて、渋みが少なく、後味がすっきりしているのが特徴です。普通のルイボスティーだけでなく、ルイボスレモン、発酵していないグリーンルイボス、アプリコットやベリー、ローズ、ピーチ、キャラメルなど甘い香りのついたフルーティーなルイボスティーもあります。ルイボスティーに飽きちゃった方は、他の種類のルイボスティーを試してみてはいかがでしょう。わたしはルイボスレモンがおいしいと感じましたよ。

葉酸サプリのベジママを最安値で買いたい

ニキビケアに有効な洗顔料と基礎化粧品の成分

ニキビ洗顔料は、スキンケアの理想に適合する組成で配合されています。様々な種類がありますが、大人ニキビから男性ニキビも含めて、包括的に解決する機能を持った種類があるため、迷った場合にも選ぶことが簡単になりました。普通の石鹸と同様な性質も持っていますが、ニキビ洗顔料としての機能を高めるために独自な工夫も施されています。

ニキビの原因を解消するために、ニキビ洗顔料には消炎と抗菌を促進させる原料を配合しています。天然由来の成分を配合することで、自然な形で抗炎症作用を引き出す場合も珍しくありません。一つだけを配合するのではなく、同じ性質を持った植物を合わせて使うことで、抗炎症作用を強化することも可能です。

過剰な皮脂は強力な洗浄力で除去しますが、これだけでは皮膚の表面が乾燥してしまいます。このため、洗浄を促進させながら保湿も同時に行うための工夫が必要です。真逆の性質を持った作用を同時に引き出すために、ニキビ洗顔料には長年の製造技術が活用されてきました。

基礎化粧品にも様々な有効成分を配合して、ニキビケアが充実する内容になっているものが少なくありません。抗酸化を促進させるために使われるビタミンCは、コラーゲンの生成にも欠かせない栄養でもあります。このビタミンCの強化型と呼べるのがビタミンC誘導体で、基礎化粧品の有効成分としても重宝されています。

甘草から抽出したグリチルリチン酸ジカリウムは、抗炎症を目的にして配合されることがあります。グリチルリチン酸ジカリウムは歯磨き粉や男性用の化粧水にも含まれることがあるため、特に身近な有効成分としても分類できます。化粧水にはサリチル酸が使われることがありますが、これは潤滑剤としての機能があるようです。

基礎化粧品の有効成分の中で、保湿作用があるのはセラミドが代表的です。ニキビ洗顔料にも保湿作用がありますが、同様な性質を持った基礎化粧品も併用することで、ニキビ予防にとっても理想的になると考えられます。

背中ニキビ用クリームのランキング