転職活動のふりかえり

大学院を卒業してから、今まで16年間働き、そろそろ課長職と言われています。僕自身は人のマネジメントよりも自分で手を動かす方が好きなので、現状維持を希望しましたが、とりあえずやってみたらと言われ、それならば、他の会社にうつって今のような業務を続けられないかと転職活動を始めました。
まずは、転職エージェントに登録をして、複数の企業を紹介してもらいました。最近は、売り手市場のようで、思ったよりたくさんの企業をすすめてくださいました。
転職エージェントは複数登録しましたが、今の会社に残ることも含めて検討をした方がいいと言ってくだっているエージェントと連絡をとりあっています。今の会社に残るということはそのエージェントへの収入がなくなることを意味していますが、それでも僕にとって悪い条件なら転職しない方がいいと言い切ってくださってます。非常に親身になってくださっているので、そのエージェントにお願いすることにしました。
転職活動では、自分の売り込みが重要です。まずは、自分がこれまでの経験を生かして何ができるかを職歴としてまとめました。面接で、「できません」と答えるのはネガティブな印象を与えてしまうので、自分ができないことで、こうやったらできると思いますと言えるようにシミュレーションを何度も行いました。
僕自身は、就職活動は比較的あっさり決まってしまったので、あまり世の中のことをよくわかっていません。にこやかに面接を受けたらいいのか、厳しい顔で受けた方がいいのか、その辺もエージェントと相談し、僕の性格をしってもらった方がいいからにこやかに受けましょうということになりました。
転職活動では、自分に自信をもつことが重要です。自信ない表情をだしてしまうと、人事関係者はたくさんの人をみてきているのですぐにわかってしまいます。僕は、部長をまかされても大丈夫です!という気持ちで面接に挑みました。その結果、貫禄があるねと人事の方から言われました。これからは、その貫禄に負けない仕事をしていかないといけないとハードルがあがってしまいましたが、転職できてよかったです。

看護師 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です