転職について

商業高校を卒業してから、就職し3年弱くらい働いていたのですが、女の人が多い職場で誰と誰が仲が悪いとか良いとかの派閥のようなものが何となくできていて、どこにも入らなかった私は、中立の立場でいる事が仕事をすることよりも精神的に辛くなってしまい退職する事に。
上司には、本当の理由は話すことができませんでしたが、給与面でという理由で退職に納得していただきました。
その後、転職した先はハローワークで見つけた職場でした。その職場は、女の人が少なくて、自分のペースで仕事をすることができ、快適でしたが結婚する事になり、嫁ぎ先が遠くなるので退職する事に。
嫁ぎ先の近くで転職をと考えて色々と自分なりに探して面接を受けてみたのですが、どこにも採用されないという日々が続きました。
なぜだろう。自分の何が悪いのだろう。と色々と考えてみて、こうしてみようとやってみたりしたのですが、それでも無理で…。
しばらくすると妊娠していることがわかり、そういう事で就職できなかったのかと、何となく納得してしまいました。
今、思い返してみると、転職活動で大切なものは、どういう仕事に就きたいかということはもちろんですが、自分が考えている事と、相手の職場が求めている事がどれくらいまで合っているのかという事も大切だと思いました。
転職するという事は、その会社で働きたいという気持ちを持っているということですから、自分と接してくれる人達の事もとても大切だと思います。
こちらは○○という意味で伝えたのに、相手は△△という意味でとらえられてしまうと全く違った意味になってしまったりするからです。
全員が全員、自分と相性が合うということは難しい事なのですが、なるべくなら、お互いに分かりあえるという状況があるという職場が理想だと思います。
転職活動で必要なものは、切り替える力だと思います。
ダメだったとずっとへこんでいるのではなく、すぐに切り替えて新しい自分になるという前向きな力が大事だと思います。

薬剤師 転職 派遣 転職サイト ママ 女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です