自動車メーカー関連の工場の住み込みアルバイトでお金は溜まる?

先日ニュースを見ていたら、静岡県のある自動車メーカーで働く派遣社員が取り上げられていた。

自動車メーカーと聞くと個人的には、1日中工場のラインで同じ作業を繰り返して、住み込みの仕事・・・というイメージが強いですね。

実際に私の友人で、以前自動車メーカーの工場のアルバイトで住み込みで何年か働いていましたが、当時は今ほど景気が悪くなかったので、いろんな住み込みのアルバイトがあるなかでも給料が良かったと言っていました。

しかもその友人は、その職場でフォークリフトの免許も取得したので、その後は給料も上がったそうですよ。

私の女性の友人のひとりなどは、日産の下請け工場のライン仕事を住み込みで行って、お金をためて海外へヘアメイクアップアーティストの勉強資金に充てていました。

トヨタや日産などの自動車メーカーそのものの工場で働くのは難しいかもしれませんが、自動車メーカー提携の会社や下請けの工場は無数にあるので、探せば求人はまだまだあると思います。

また自動車メーカーの仕事内容は様々で多岐にわたりますので、日本の自動車メーカー関連の仕事を探すだけでも、それこそ星の数になるのではないでしょうか?

たとえば、自動車メーカーが作るブランドの自転車などもありますし、本気で探せばいろいろな仕事があると思います。

自動車メーカー関連の工場で働いていた私の友人たちは、何百万のお金を貯めて、自分の夢への貯金として目的を果たしましたが、いくら景気が悪くなかったとはいえ、相当努力したのだと思います。

以前、「お金を貯めるコツって?」と質問したところ、、「現地でお金を作らないこと」と返ってきました。

なるほど!

確かに交際費というのはバカになりませんからね。

お金を貯める目的で働くのであれば、その間は友人はいらないというのは納得です。

でも、私には無理かな・・・。

最近のニュースを見て、貧困な若者の代表として、工場の住み込みバイトなどが取り上げられますが、どうなのでしょうか。

中古ピアノはどこで売ればいい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です