決断はしっかりと行動は素早くするのが転職のコツ

私は38歳で第1子を出産したシングルマザーです。
直近の転職は、4歳の息子と二人で暮らしている頃でした。当時は契約社員でカスタマーサポートの仕事をしていました。
満員電車に揺られ、職場にやっとたどり着いた直後に、保育園から「お子さんが熱が出たので迎えに来てください」と電話があることもしばしば。その度に、どっと疲れ、イライラし、何やってるんだろうと自己嫌悪に陥るという悪循環でした。

無我夢中で子育てと仕事をしてきましたが、息子が成長するにつれ、このままではいけない!と
先のことをあらためて真剣に考えるようになりました。
東日本大震災の日、電車が動かず、何時間も歩いて帰ったこと。時には、熱がある子供をすぐに迎えに行けず何時間も待たせてしまったこと。正社員でないために福利厚生が満足いくものではないこと。

こうなったら、転職しかない!正社員になる!自宅から近くて、シングルマザーに理解のある会社を見つけるぞ!と決心しました。

自分で言うのもなんですが、結構行動力はあるらしく、休日にママチャリに息子を乗せ、通えそうな範囲を求人の張り紙求めて探し回りました。
昭和の時代ではないのですから、求人誌やサイトを使った方が早いのでしょうが、そうなると競争率が激しいので、子供のことでいつ休むかわからない、既に40代に突入してしまった私は不利になると考えたからです。

思い立ったが吉日でそのまますぐに転職エージェントに登録。
転職 40代だからこそ早めに動く必要があるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です