ダイエット決意前夜の出来事

私は4ヶ月前まで肥満体型でした。
身長158センチ、体重74キロ
実にヤバいです。身体も悲鳴をあげ、少し走っただけで、息が切れます。胃が痛いような気がして、挙げ句のはてに背中も痛いです。
ネットで調べたら胃癌の可能性もあるかもしれないと思い、いざ病院へ向かいました。
朝から病院へ行き、検査まで様々な手続き、採血、血圧を測って、と目まぐるしく事が過ぎ去っていきます。
ちなみに、この時の血圧は上が180、下が120ととんでもない数字を叩き出してしまいます。すかさず看護士さんが、いつもこの数字ですか?と、私は軽く頷きました。
実家に帰った時、親に血圧計を渡され、面倒でありながらも毎朝計っていました。その時、病院で計ったよりもやや低いながらも、下は120〜110はつねに出していました。
そんなやり取りがあり、しばらく待ち、待合室のテレビに飽きかけた頃ようやく呼ばれました。
小さい部屋に案内され、氷を口の中に入れられ、それを溶かします。溶かすにつれ、のどの周辺が痺れ、何とも言えない状態になりながらも、耐え検査室に案内されました。緊張しながらもベッドに横になり、鎮静剤の注射を打たれて、のどに胃カメラが入った瞬間、深い眠りにつき、気がついたら検査が終わり、しばらく休んだ後、結果を聞いて信じられない気持ちになりました。
なんと、いたって健康な胃だということがわかりました。
ありがたい事でありますが、その時は腑に落ちない気持ちでした。
今考えると、あの時はいつだりかつだり食べ物を口にしていたので、単なる食べ過ぎだったのかと今更ながらに思います。
この出来事の1週間後、ダイエットを決意しました。
そして今は体重64キロになりました。カーセンサーネット査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です