歯医者とパフェ

歯医者って、行くのイヤですよね!特に大人になってからは、虫歯などで歯が痛くなってから我慢できなくなっていくことが多いのではないでしょうか?

対して、こどもの頃は定期的に歯科検診が学校でありましたよね。C1とかC2とか。。。診断結果が検診後渡されました。歯医者に行かないといけない悪さだったときは泣きたい気分だったのを思い出します。

私は乳歯のときから半分以上が虫歯で、永久歯に生え変わってからもその傾向が強かったです。診断結果はC1、C2、ひどいときはC3。歯医者には本当に行きたくなかったですが、親が「歯医者に行ったら、その後、パフェ食べさせてあげる!」と言われて、好物だったパフェを楽しみに痛みに我慢して「キー」という治療器を受け入れていました。今から思い出すと、歯医者に行ったあとは食べ物食べれるんだっけ?別の日にパフェを食べさせてもらったのか?その日に1時間くらい時間を空けて食べに行ったのか?記憶が定かでありません。ただ覚えているのは、歯医者というイヤな記憶を打ち消すほど、おいしかったパフェの存在です。

こういうイヤなことに楽しみをセットにするというのは、記憶に残るし、こどもをイヤなことから逃げさせない一つの有効なやり方かもしれませんね。

みなさんは歯にまつわる懐かしい記憶ってありますか?
オーラパール 口コミ

ピザピザピザ!懐かしい10回ゲーム

みなさんはピザ、ピザ、ピザと10回言わせて、そのあとに「ヒジ」を指したら、思わず「ヒザ」と言わせる遊びをご存じですか?ちまたでは10回ゲームっていうのですね。昔流行ったのを私も覚えています。このよく似た音をベースに脳のクセを利用する10回ゲームで、ピザ→ヒザの他に何があるのか調べてみました。

①みりんみりんみりんと10回言わせて、「鼻の長い動物は?」で、ゾウのところキリンと答えさせる。②ひらやまひらやまひらやまと10回言わせて、「世界で一番高い山は?」で、エベレストのところをヒマラヤと答えさせる。③シャンデリアシャンデリアシャンデリアと10回言わせて、「リンゴを食べて死んだのは?」で、白雪姫のところをシンデレラと答えさせる。というあたりが定番で、調べていくうちにとても懐かしく思えました。またその他には、少し派生して、ラブホテルラブホテルラブホテルと10回言わせて、「ラブホテル何回いった?」で、「10回」と言わせて、「えっ10回も行ったんや?誰と~いやらしい~」と続けるのもありましたね。

今から考えると何とつまらないと思いますが、当時は面白く仲間とコミュニケーションを取る良い遊びだったとしみじみと思います。
タマゴ基地

決断はしっかりと行動は素早くするのが転職のコツ

私は38歳で第1子を出産したシングルマザーです。
直近の転職は、4歳の息子と二人で暮らしている頃でした。当時は契約社員でカスタマーサポートの仕事をしていました。
満員電車に揺られ、職場にやっとたどり着いた直後に、保育園から「お子さんが熱が出たので迎えに来てください」と電話があることもしばしば。その度に、どっと疲れ、イライラし、何やってるんだろうと自己嫌悪に陥るという悪循環でした。

無我夢中で子育てと仕事をしてきましたが、息子が成長するにつれ、このままではいけない!と
先のことをあらためて真剣に考えるようになりました。
東日本大震災の日、電車が動かず、何時間も歩いて帰ったこと。時には、熱がある子供をすぐに迎えに行けず何時間も待たせてしまったこと。正社員でないために福利厚生が満足いくものではないこと。

こうなったら、転職しかない!正社員になる!自宅から近くて、シングルマザーに理解のある会社を見つけるぞ!と決心しました。

自分で言うのもなんですが、結構行動力はあるらしく、休日にママチャリに息子を乗せ、通えそうな範囲を求人の張り紙求めて探し回りました。
昭和の時代ではないのですから、求人誌やサイトを使った方が早いのでしょうが、そうなると競争率が激しいので、子供のことでいつ休むかわからない、既に40代に突入してしまった私は不利になると考えたからです。

思い立ったが吉日でそのまますぐに転職エージェントに登録。
転職 40代だからこそ早めに動く必要があるんです。

車の運転について

車を乗るとは、車のハンドルを操作して目的地まで運転することですが、車を乗る以上に大切なことがあると思う。ひとつに、運転免許証を取得することの大切さがある。運転免許証を持っていない人が運転したらどうだろうか。運転操作の未熟さや交通ルールが分からない、標識なども分からないのです。そんな人が運転すれば事故にあう確率が高くなります。

この運転免許証を取得するのは、18歳から取得することができますが、普通の人が運転免許証を取得するのは高校3年生の冬休みから卒業までの間にとる人が多いのではないでしょうか。私もその期間に取得しました。この運転免許証をとるには国家試験である試験を受けて合格しなければなりません。その試験を受けるために、みなさんも通ったと思いますが、自動車教習所があります。この自動車教習所で車の運転知識や運転マナー及び規則などについて学びます。この教習所では料金が私が通っていたころは約20万円ほどかかりましたが、今では約30万円ほどかかるとのことです。これはスムーズに運転免許証をとった場合の金額です。追加教習になればなるほど金額が増えることになります。ですがこの教習はとても大切なものなのです。運転免許証を取得したら、その後に勉強することや運転の講習などは運転免許証の更新などで講習がありますが、ほとんど意味がない程度の講習なので、この教習所で基本をしっかり覚えること。また、車を運転する自覚をしっかり学ぶことが大切だと思う。

車を高く売るコツ